Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

The dawn of modern programmers

現代プログラマーの朝焼け

Visual Studio 2008 Beta2 to RTM 移行の注意点

ScottGu's Blog でも掲載されていますが、VS 2005 との共存環境で実際に移行したので注意点を書いておきます。
ハマるポイントが抜けていたので修正しました。

VS 2008 Beta2 のアンインストール

まずはVSのセットアップメニューからアンインストールすします。

Visual Studio 2008 のアンインストール中に「以下のプロセスを終了して下さい。」というダイアログが表示される場合がありますが、
必ず「無視」( Ignore ) を選択してください。「再試行」 ( Retry ) を選択するとアンインストールが停止してしまいます。

アンインストールが成功しても残念ながら完全に削除されずに以下の機能が残ってしまいます。

これらの機能はコントロールパネルのプログラムと機能からアンインストールする必要があります。

VS 2005 の修復インストール

VS 2005 との共存環境の場合、VS 2008 をアンインストールすると、VS 2005 に影響が出る場合があるためセットアップから修復インストールを実行する必要があります。

ここでも「以下のプロセスを終了して下さい。」というダイアログが表示される場合がありますが、
必ず「無視」( Ignore ) を選択してください。「再試行」 ( Retry ) を選択するとアンインストールが停止してしまいます。

VS 2008 RTM のインストール

Beta2 のアンインストール後ですが、以下の作業が必要です。

  1. 再起動
    • # 事前に再起動してから実行したのでこの点については未確認です。
  2. Windows Update の確認
    • VS 2008 ( .NET Framework 3.5 ) のインストール中に Windows Update が実行されるとセットアップがフリーズしてしまいます。

上記の作業後に VS 2008 のセットアップを開始すれば無事にインストールが完了します。